システムエンジニアのメリットは流行を追いかけることができる点でしょう。システムエンジニアを含めたIT系の職種では、技術の移り変わるスピードが速くなっています。場合によっては半年や1年で違う技術が生まれてしまう可能性もあります。流行を追いかけるのが苦手な人には苦しい問題になるかもしれませんが、流行を追うことが好きで常に最先端のものを持っていたいという人にはメリットとなります。この技術面に関していえば最先端のものを持っていることで、自分の市場価値を高められます。この市場価値を高められることは転職やフリーへの転身を考えたときに武器となるところもメリットといえます。

システムエンジニアの場合は、チームで仕事をこなすケースが多いです。チームで仕事をこなす上で、役割分担が行われます。この役割分担によって自分が行う仕事の数が減りますから、1つの仕事に技術を注ぎ込めるでしょう。技術を注ぎ込めるというメリットを得られることで、チームが生産する製品の質が高くなります。製品の質が高くなればチームとしての評価が上がるでしょう。チームの評価が上がれば、自分の市場価値も高まっていくはずです。

製品はインターネットサービスとして提供されることが多いので、自分の知識や技術が注ぎ込まれたものが人の役に立っているところを見ることができます。自分の働きで人の役に立てているところを見れるのは、システムエンジニアならではのメリットといえるでしょう。