システムエンジニアは開発チームを結成して、チームの一員として働くケースが多いでしょう。管理職の立場にある人は、チームリーダーに任命されることが増えるかもしれません。そういった場合に必要なのがリーダーシップのスキルです。チームで仕事を行うためには、チームの全員がチームの方針に従って仕事をこなす必要があります。全員が同じ方向に向かうためにチームワークを良くする働きを担うのがリーダーです。このチームワークを良くするために、リーダーシップが求められます。

管理職の立場にある人は、新入社員や若い社員の教育も仕事の内容に含まれます。モチベーションを高めるために工夫するのも、管理職の働きが大きいでしょう。この新入社員や若い社員を教育する行動が成功すれば、自分の市場価値が高まります。どの企業も若い人材を育てることが必要になっていますから、若い人材を育てることができる人は重宝されるでしょう。人を育てる役割を求められるので、専門的な知識を深める必要もあります。専門的な知識を深めることができれば、社員の教育が行いやすくなります。専門的な知識を深めればプログラマーに的確な指示を出せますから、リーダーとしての役割を果たすこともできるでしょう。

管理職になることのメリットは年収にあり、管理職に就くということは役職が得られるということです。役職を得られれば給料が上がりますから、必然的に年収もアップします。年収をアップさせたい人は管理職を目指すと良いでしょう。