システムエンジニアは、システム開発の上流工程を担当します。クライアントからどのようなシステムにするか要望を聞き、それを元に基本設計や詳細設計を行います。このとき、クライアントから丁寧にヒアリングすることも重要な仕事です。その後プログラマーに引き継ぎ、プログラミング完了後にテストをします。システムが正常に作動すればプロジェクト完了です。

問題が生じた場合は、クライアントへの対応や修正スケジュールを組まなければいけません。また、システム開発における人員や予算、進捗の管理も行います。システムエンジニアに求められるのは、専門知識と技術だけではありません。優れたコミュニケーションスキルとマネジメントスキルが求められます。新しい技術が登場すれば、その都度自分で積極的に知識と技術を勉強し市場価値を高めなければなりません。そのため、コミュニケーションスキルに優れた人や、自分を厳しく育てることができる人物が向いている職種です。スキルアップしたい、自分を向上させたいと考える人にも向いているかもしれません。

基本的に、プログラミングを行うのはプログラマーなのでくれぐれも注意しましょう。プロジェクトによってはシステムエンジニアがプログラミングを行うこともありますので、基礎的なプログラミング知識は重宝されます。また、残業なども比較的多いので体力や精神力の強さも必要です。自分の努力次第で、男女年齢問わず高い評価と収入が期待できる職種といえます。