システムエンジニアとプログラマーを混同して考えている人は少なくありません。しかし、システムエンジニアとプログラマーは異なる職種です。システムエンジニアはシステムの設計やテスト、クライアントとのやり取りを主な仕事としています。一方、プログラマーは設計に基づいてプログラミングを行います。プログラミングをする職種だと誤解したまま勤務してしまうと、適正不一致などが起きてしまうかもしれません。

また、システムエンジニアはパソコンを使用して1人で黙々行う作業ばかりではありません。むしろその逆です。クライアントの要望を丁寧にヒアリングし、問題が生じた場合もクライアントに説明を行うのはシステムエンジニアの仕事です。優れたコミュニケーションスキルと聴く力が必要となります。さらに、プログラマーとのやり取りも行わなければなりません。一般的なイメージとはギャップのある職種といえます。

高収入な職種ではありますが、残業や休日返上が多いのも事実です。企業によっては残業代が一部しか支給されないところもあります。そのため、時給に換算すると意外に低賃金ということにもなりかねません。ギャップが大きすぎると適性不一致や退職などのトラブルが発生しやすいので、あらかじめ職種についての理解を深める必要があります。企業によって残業代などは異なるものの、市場価値を高めれば男女年齢問わず評価される職種であることに変わりはありません。日頃から高度な知識と技術を積極的に磨くことが重要です。